Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

政府貨幣30兆円を発行せよ

ノンカテゴリ

政府貨幣30兆円を発行せよ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

今の日本に財政問題はない。
国債を税金で返しているのは日本だけ。
他国は借り換えで済ましている。
国債は返す必要がない。
 しかも、政府の子会社・日銀が日本国債を400兆円買った。
少なくとも、この400兆円は返済不要である。
なぜなら、親会社の債務と子会社の債権は、連結貸借対照表で相殺消去されるからだ。
律儀な日本人は「借金は返さなければならない」と財務省とマスコミによって洗脳されている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2017/12/11




※配信解除は、最下部でできます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


「新」経世済民新聞
公式サイトはこちら
   ↓↓↓
http://38news.jp/

ーーーーーーーーーーーー


「存在しない問題」
From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
諸悪の根源
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12333609424.html
世界経済の落ちこぼれ
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12334123496.html

現在の日本は、需要で満ち溢れています。

厳密には「潜在」需要ですが。

橋の維持管理に限っても、今後五十年で
27兆円もの「需要」があるのです。

ただし、誰もおカネを出さなければ需要は
「潜在需要」のままで終わります。

人々が飢えている。

食料や水に対する需要はある。

とはいえ、誰も食料や水のために
おカネを出さなければ、潜在需要は
「潜在」のままに過ぎません。

もちろん、国民に十分な「所得」がない場合は、
需要に対する支出はできません。

日本国には、たった一つだけ、
「所得」を無視して支出することが可能な存在があります。

すなわち、政府です。

政府は子会社の日本銀行に日銀当座預金、
現金紙幣といったおカネを発行させることができます。

あるいは、政府自ら政府支出や
政府硬貨を発行しても構いません。

日本政府が「一兆円玉」を30枚発行し、
日本銀行に持っていく。

日本銀行は、一兆円玉x30(=30兆円)の
資産を取得した代償に、政府に
日銀当座預金(政府預金)30兆円を支払う。

政府は、30兆円の政府預金を担保に、
橋の維持管理を発注し、代金を政府小切手で支払う。

上記のプロセスにおいて、
政府に「負債」は増えません。

問題になるのは「インフレ率」のみですが、
現在の日本はデフレです。

政府が30兆円の国債を発行する、
あるいは政府紙幣、政府硬貨を発行することで、
橋の維持管理という需要を満たそうとしたとして、
何が問題あるのか。

何にも問題がない。これが真実です。

無論、一気に30兆円もの橋の
維持管理を政府が発注すると、
さすがに入札不調が相次ぐことになるでしょう。

毎年5000億円を、五十年間
発注し続ければいいだけの話です。

毎年5000億円の需要が、今後、
五十年も継続するとなると、土木・建設会社は
絶好の「ビジネスチャンス」ということで、
設備投資、人材投資を継続していくことになります。

さらに、橋の補修を目的にした技術投資も、
一気に進むでしょう。

橋補修の生産性は向上し、
働く人々の実質賃金も上昇します。

日本はただ単に、インフラの補修という
最低限の支出を政府がするだけで、
デフレ脱却と生産性向上、技術革新、実質賃金上昇の
全てを実現することができるのです。

政府が老朽化したインフラを補修するという、
最低限の支出をするだけで、他の先進国を
上回る経済成長を実現することが可能。

何と、楽な状況なのでしょう!

それにも関わらず、日本政府は、

「国の借金で破綻する!」
「日本は財政破綻する!」

といった「存在しない問題」に足を採られ、
最低限、必要な支出すらできず、
世界経済の落ちこぼれと化していっているのです。

何と、情けないことか・・・。

このままでは、我々は日本国のインフラ整備のために
汗を流し、努力を重ねた先人に顔向けができないまま、
この世を去ることになります。






---発行者より---


【オススメ】

2017年は、ヨーロッパ諸国で、前年から続く
「反グローバリズム」の動きが強まり、
移民・難民を巡る問題をどう扱うかで
議論が噴出した年になった。

また、中国では習近平一強体制が確立しつつあり、
経済面では一帯一路政策など、
国(共産党)による公共投資で経済成長を続けている。

一方、日本はいまだに安倍政権による
緊縮財政が続き、景気の足を引っ張っている。

2018年の世界はどうなっていくのか。
そして、経済成長のための千載一遇のチャンスを得た日本は、
明るい未来に包まれているのか。

三橋貴明が、2018年の世界経済、日本経済を占う。


月刊三橋最新号
「2018年の世界と日本~安倍総理と日本国民の決断で、日本は大復活する!」
http://www.38news.jp/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事